セミナーや研修の講師をすることもあるのですが、
そのやり方や心構えについて、ハッとさせられることがありました。



「はじめて」と題されているだけあって、
準備から実際の講演、その後まで、具体的にわかりやすく書かれていました。

私が講師を受けるときは、
当然準備を整え、少しでも受講する方のためにと考えていますが、
本書の読み進める中で、基本的な部分でいろいろ考えさせられることが多かったです。 

特に、自身に欠けているなと感じたことは、

主催者が何を目的としているかを確認する

ということです。

当たり前といえば、当たり前なのですが、講演には目的があります。
その目的に沿う形で成果をあげる必要があるわけです。

私は「受講する方のためになる」ようにと思っていましたが、
「講演の目的に沿う形で、受講する方のためになる」内容にする必要があります。

例えば、本書でも書かれていますが、
企業に属している方に意欲を出してもらうための講演で、
会社をやめて独立するのが楽しくて素晴らしい・・・
みたいな内容はピントがずれているというようなことです。

ちょうどこの本を読んだ前日に、1つ講演をさせていただいたところだったので、
もう少し早く読んでいればと後悔しました。

人前で話すことがある場合には、ぜひご一読いただきたい1冊です。
ご覧いただきありがとうございました。